ブログ|宗教法人英照院

facebook
オフィシャルブログ
アクセスマップ
オフィシャルブログ

英照院本堂にて安産祈祷

DSC_1016.JPG

本日、英照院本堂で安産祈願を執り行いました。

幼稚園年長のお兄ちゃんも弟か妹の誕生を心待にしている様子で「お腹に赤ちゃんいるんだよ!」と教えてくれました。

立派なお兄ちゃんになってくれそうです!
無事ご安産を心からお祈り申し上げます。

英照院本堂にて明倫グリンベレーズ中間総会開催

HORIZON_0001_BURST20201115172435053_COVER.JPG DSC_1002.JPG

今夕、英照院本堂にて野球スポーツ少年団 明倫グリンベレーズ中間総会が開催されました。

昨年ここから船出したグリンベレーズ。激戦50試合を経て本日帰港。

新役員の選出とともに6年生保護者退陣となりました。新体制の健闘を心からご期待申し上げます!

英照院本堂での坐禅体験

DSC_1001.JPG DSC_0996.JPG

美しい庭園で有名な玉泉寺さまご一行が、英照院本堂の見学と坐禅体験にお越しくださいました。

様々お話もさせて頂きましたが、話をお聞きになる姿勢、積極的なご質問など、ご一行のご対応に、こちらが爽やかな気持ちになりました。

ご一行がお帰りになった後、夕方からの本堂使用にそなえ、トイレを清掃しようとしたところ、全てのスリッパがキチンと揃えてあり、トイレの美化が整っていました。

素敵なご一行様で、私も見習わねばと心に刻みました。

報恩寺さま 円鏡調印式

line_69466757686258.jpg

報恩寺さま解制法要並びに円鏡調印式。

「元、亨、利、貞」
正しく発芽し、正しく成長、正しく開花し、正しく結実。

以上をもって、私の焼香侍者の勤めも完了しました。
報恩寺さま。誠におめでとうございます。
合掌。

被災地応援 ホタテ販売会開催!

DSC_0994.JPG DSC_0993.JPG

被災地復興応援 ホタテ販売会開催!

朝水揚げされたばかりの活きたホタテを新庄で販売しました。現地での殻剥き&搬送はいつもお世話になっている斎藤伸さん。

新庄祭りでのホタテ焼き出店が今年はコロナで開催出来なかった為、ライオンズクラブで急遽開催したホタテ販売会でしたが大変好評でした。

曹洞宗青年会リモート法要修行

HORIZON_0001_BURST20201111150806871_COVER.JPG DSC_0985.JPG DSC_0986.JPG

本日、曹洞宗東北地区青年会連絡協議会主催のリモート法要が修行されました。

コロナ禍により東北地方集会が中止となりましたので、代わりとしてzoomを利用したリモート法要を行ったわけです。

法要は東北6県の会長さま方並びに全国曹洞宗青年会会長、私、東北地協顧問がそれぞれの地でリモート参加。

新型コロナ感染症終息祈願、自然災害被災地復興祈願、東日本大震災物故者慰霊法要が執り行われ、東北地区の多くの僧侶達に視聴頂きながら読経をともにして頂きました。

コロナ禍だからこそより普及した新たなツールを利用し、離れてはいても想いはひとつということを再確認いたしました。

様々な困難があるからこそ、時代や社会情勢に即した形で曹洞宗青年会の活動の燈は燃え続けています。

大本山永平寺 地方副監院拝命

DSC_0981.JPG DSC_0978.JPG

曹洞宗 大本山永平寺 地方副監院職を拝命いたしました。

沖縄から英照院本堂見学

IMG_0001_BURST00120201105112519.JPG

11月5日 はるばる沖縄より英照院本堂を見学のご来客がありました。英照院と施工の沼澤工務店様のホームページをご覧になってくださっての来山です。
せっかくのご来山ですので、本堂内をご案内させて頂きました。県外からの本堂見学は珍しくなくなっておりましたが、沖縄からとなると初めてです。
GO TOを利用してぜひご来山ください。

書家 金澤翔子さんご来山

1603982301117~2_2.jpg 1603894609782_2.jpg

書家の金澤翔子さんが英照院へご来山くださいました。

「明倫中学校閉校記念事業 金澤翔子 書道パフォーマンスと講演会」を終えてのご来山です。

金澤翔子さんには、来春開校の「明倫学園」の校名を揮毫頂きました。

また、明倫中学校閉校記念事業として書道パフォーマンスを行って頂き「飛翔」の文字で生徒を激励して頂きました。

また、お母様の泰子さんからは子育てを通しての深い気づきをお示し頂きました。

お二人の深い親子の絆、翔子さんの持つ迷いのない純粋で一途な心が描く、力強く且つ清々しい書体は皆の心を強く揺さぶりました。

人間は誰もが得手不得手のあるもの。得意なこと、好きなことを一途に努力すれば、いつか花開く。苦手なこともひとつの個性。努力してダメなら得意な人に頼れば良い。お互いが得意不得意で補い合えば良い。

新しい明倫学園が、お互いに助け合えるそんな学校になれば良いなと思いました。

時間がありましたので、英照院へもお立ち寄り頂きました。翔子さんから「この本堂で書きたい!」との嬉しい声も頂きましたので、いつか英照院でも書道パフォーマンスをしていただこうと思います!

書家 金澤翔子さんご来山

1603982301117~2.jpg FB_IMG_1603981994313.jpg line_287764882792672.jpg 1603894609782.jpg

書家の金澤翔子さんが英照院へご来山くださいました。

「明倫中学校閉校記念事業 金澤翔子 書道パフォーマンスと講演会」を終えてのご来山です。

金澤翔子さんには、来春開校の「明倫学園」の校名を揮毫頂きました。

また、明倫中学校閉校記念事業として書道パフォーマンスを行って頂き「飛翔」の文字で生徒を激励して頂きました。

また、お母様の泰子さんからは子育てを通しての深い気づきをお示し頂きました。

お二人の深い親子の絆、翔子さんの持つ迷いのない純粋で一途な心が描く、力強く且つ清々しい書体は皆の心を強く揺さぶりました。

人間は誰もが得手不得手のあるもの。得意なこと、好きなことを一途に努力すれば、いつか花開く。苦手なこともひとつの個性。努力してダメなら得意な人に頼れば良い。お互いが得意不得意で補い合えば良い。

新しい明倫学園が、お互いに助け合えるそんな学校になれば良いなと思いました。

時間がありましたので、英照院へもお立ち寄り頂きました。翔子さんから「この本堂で書きたい!」との嬉しい声も頂きましたので、いつか英照院でも書道パフォーマンスをしていただこうと思います!